知ったかグッズショップ

カテゴリ

ビバリ3兄弟
足あと帳で遊びたかばい
↑今すぐ行ってみる↑


つぶやきはじめたよー!
つぶやきぷりん

プロフィール
(足あと帳へGO!!)
新着
RECENT COMMENTS
アーカイブ
リンク

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

アミンチュプロジェクト

滋賀のまちおこしムーブメント!!
アミンチュ(淡海人/シガケンミン)と一緒にものづくりするプロジェクト!!
<< 8周目の行脚、ゴールしらったでー | main | オレンジリボンS'の活動がマンガになりました! >>
フランスで第12回「ACBDアジア最優秀作品賞」を受賞!
フランスで発売されているアミンチュプロジェクトの藤井組(株式会社まちおこし)の短編集「Sous un ciel nouveau(新しい空の下で)」が、昨日パリで開催されている「JAPAN EXPO(ジャパンエキスポ)」で第12回「ACBDアジア最優秀作品賞」を受賞しました!

https://www.acbd.fr/3203/actualites/sous-un-ciel-nouveau-de-kei-fujii-et-cocoro-hirai-12e-prix-asie-de-la-critique-acbd/
フランスの批評家と記者の協会(ACBD)により選出・協議されて、パリで開かれている「JAPAN EXPO(ジャパンエキスポ)」で昨夜遅くに発表されました。ノミネート作品の中には、「マンガ大賞2018」のベスト10作品が2作もあり激戦でした。過去には浦沢直樹さんの「PLUTO(プルートウ)」が受賞し、昨年は「深夜食堂」受賞されている賞です。
原作者は、8年間ずっと野洲のおっさんと一緒に行脚をしている藤井組長。
野洲のおっさんは「おめでとさん!賞獲れて、トレ・ビアンやな!」と小躍りしています。
短編集収録の作品は、無料で日本語で読んで頂けます
文化庁メディア芸術祭で審査員推薦作品になった「かへ」
https://www-indies.mangabox.me/episode/9539/
理不尽な死”をテーマにした「最後の授業」
https://manga.line.me/indies/book/article?id=38251
| 野洲のおっさん | 11:08 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
おめでとうございます!悲しい話でもあるのに暖かい気持ちになれる物語の発想はどこからくるのでしょうか。心暖かく心豊かに生きていきたいです。
| Pさん | 2018/07/10 12:39 PM |

おめでとうございます。
かへ はたまに本棚から出して読んではほっと温かい気持ちになります。
| シボりん | 2018/07/09 9:12 PM |










http://kaitsuburi.jugem.jp/trackback/5523
お知らせ
ブログ内を検索
ケータイ
qrcode
RECOMMEND
OTHERS